AFC/mitete マタニティクリーム 口コミ 効果

妊娠線予防クリームと普通のボディクリームの違いって何?

 

妊娠線ができるかどうかは体質や個人差があります。
保湿クリームだけでも妊娠線が予防できる方もいますし、妊娠線予防クリームを使っていても妊娠線が出来てしまう人も…。
妊娠線予防クリームは保湿力が高いっていうけれど、保湿クリームとはなにが違うのでしょうか?
同じ成分なら、安い方を使いたいと思っちゃいますよね。

 

調べてみると、妊娠線予防クリームには、保湿クリームとは違った保湿成分が配合されているようです。
そこで、妊娠線予防クリームの特徴的な成分をご紹介しますね。

 

 

妊娠線予防クリームの特徴的な成分とは?

普通の保湿クリームの保湿成分と言えば、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC、Eなどですが、妊娠線予防クリームには、葉酸(細胞分裂を促す)、EGF(細胞の再生率を高める)、シラノール誘導体(コラーゲンの結び付きを強める)といった、妊娠中の女性の肌に必要な成分が配合されているのです。

 

妊娠線は真皮の皮膚細胞が断裂してでいるものなので真皮を構成するコラーゲン・ヒアルロン酸や、真皮層を良い状態にしてくれシラノール誘導体やEFGは有効です。
葉酸やEFGの細胞のターンオーバーを促す成分も細胞が生まれ変わるので妊娠線ができるのを防いでくれます。

 

妊娠線予防クリームのお値段が高めなのは、こういった成分を使っていることが大きいのですね。

 

 

妊娠線予防には妊娠線予防クリームを使うのがオススメ

妊娠線はお腹だけではなくて、足やおしり、二の腕などにもできます。
特に腕や足は服を着ていても目立ってしまいます。
妊娠線のせいで好きな服や水着を切れなくなるという人も結構いるのです。

 

妊娠線は基本的に一度できたら完全に消すことは不可能です。
後悔しないためにも妊娠線専用クリームでしっかりとケアしましょう。

 

私のおすすめはAFCのmiteteマタニティクリームです。
コラーゲン・ヒアルロン酸・葉酸などの妊娠線に効果的な成分がはいっていますが値段が手ごろです。

 

【最安】AFC/miteteマタニティクリームはこちら

 

miteteマタニティクリームの効果と口コミ